独自ドメインの取得方法・おすすめレジストラとレンタルサーバーを解説

独自ドメイン完全ガイド.jp

サーバー知識

エックスドメインの無料レンタルサーバーでFTPを利用する方法

投稿日:

HOMEPAGEの概略図

エックスドメインの無料レンタルサーバー機能は非常に高性能です。

HTMLのみで構成された静的サイトから、PHPやWordPressを利用した動的サイトまで、エックスドメインの会員登録のみで、完全に無料でレンタルサーバーを使用することができます。

無料でありながらも、.htaccessを編集したり、phpMyAdminによるDB操作を行えたり、細かい部分まで触っていくことが可能です。

また、FTPによるサーバー接続も許可されており、WordPressサイトを作成した場合はダッシュボードからのファイルアップロードだけでなく、サーバーへ直接アップロードすることができます。

もちろん、HTMLやPHPファイルをコーディングしてサイトを制作する場合でも、FTPを使用していくことになりますね。

ここでは、無料レンタルサーバー機能のFTP利用を解説していきます。

FTPの概要

クライアントサーバモデルの概念図

FTPとは「File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)」の略で、日本語では「ファイル転送プロトコル」と表記されます。

プロトコルとは『あらかじめ決められた手順や約束事』のことだと思ってください。

したがって、FTPとはファイルを送受信する際の決め事です。

FTPでファイルをアップロードしたりダウンロードする場合は、FTPクライアントと呼ばれるソフトウェアを使用します。

無料で利用できる日本語FTPクライアント

日本語で稼働するフリーのFTPクライアントとして、定番なのが「FFFTP」です。

ローカルディスク側とホスト側に分かれた画面構成や、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作など、初めてレンタルサーバーを利用する初心者でも扱いやすいソフトとなっています。

OSDNから無料でダウンロードすることが可能です。

今回は、このFFFTPでの設定を解説していきます。

エックスドメインの無料レンタルサーバー機能でFTPを利用する

エックスドメインの無料レンタルサーバー機能でFTPを利用するには、まずFTPアカウントを設定することから始めます。

HTML/PHP・MySQL/WordPressごとに、FTPアカウント設定を確認していきましょう。

HTMLサーバー機能におけるFTPアカウント設定

エックスドメインにログインし、「無料レンタルサーバー」メニューを開きます。

HTMLサーバー機能の管理パネルへとログインしましょう。

続いて、管理パネル内にある「FTPアカウント設定」をクリックします。

エックスドメインのHTMLサーバー機能「管理パネル」

FTPホストなどの情報が表示されますのでメモに控えましょう。

パスワードについては、右端の「編集」ボタンをクリックして変更を行ってください。

エックスドメインのHTMLサーバー機能「FTPアカウント設定」

PHP・MySQLサーバー機能におけるFTPアカウント設定

HTMLサーバー機能と基本は同じです。

まずは、PHP・MySQLサーバー機能の管理パネルへとログインします。

次に「FTPアカウント設定」をクリックします。

エックスドメインのPHP・MySQLサーバー機能「管理パネル」

FTPアカウント設定画面に遷移したら、FTPホストなどの情報の確認とパスワードの編集をしましょう。

エックスドメインのPHP・MySQLサーバー機能「FTPアカウント設定」

WordPress機能におけるFTPアカウント設定

WordPress機能の管理パネルへとログインします。

インストール済みWordPress一覧から対象のWordPressの「設定」をクリックします。

エックスドメインのWordPress機能「管理パネル」

各種管理設定項目のひとつである「FTPアカウント設定」ボタンをクリックします。

エックスドメインのWordPress機能「WordPress設定」

ステータスが無効の状態で「設定変更」ボタンをクリックすると設定が進行します。

エックスドメインのWordPress機能「FTPアカウント設定」

HTMLサーバー機能やPHP・MySQLサーバー機能と異なり、初期パスワードは任意に設定できません。

設定内容などを確認し編集を完了すると、最後にパスワードが表示されます。

パスワードを変更する際は、一度FTPアカウント設定メニューに戻り、再度「設定変更」ページへと進んで行います。

エックスドメインのWordPress機能「FTPアカウント設定」完了画面

FFFTPを利用してサーバーに接続する

FTPアカウントの設定が終わりました。

FFFTPのダウンロードとインストールも終えると、これで準備は完了です。

FFFTPの設定自体は、HTML/PHP・MySQL/WordPressという無料レンタルサーバー機能の種類で異なることはありません。同じ手順で大丈夫です。

以下を参考にして、設定を行ってみてください。

まず、FFFTPを起動します。

続いて、「接続」メニューから「ホストの設定」を選択します。

FFFTPの「接続メニュー」

新しく設定を行うので、右のメニューの中から「新規ホスト」をクリックします。

FFFTPの「ホスト一覧」

「ホストの設定」が表示されました。

事前に行ったFTPアカウント設定の情報を元に、設定項目を入力していきます。

ホストの設定名は、管理上の名前です。自由に設定してください。

ホスト名(アドレス)は、sv123.wp.xdomain.ne.jpのような「FTPホスト」を入力します。

ユーザー名は、「FTPアカウント名」です。

パスワード/パスフレーズは、設定しておいた「パスワード」を入力します。

ローカルの初期フォルダとホストの初期フォルダは、そのままブランク(空欄)でかまいません。

下記が「ホストの設定」の入力例です。参考にしてください。

FFFTPの「ホストの設定」例

新しいホストの設定がホスト一覧に追加されました。

一覧から任意のホストを選択して接続の操作を行うことで、サーバーに接続することができます。

FTP接続が可能になったので、ファイルをアップロードしてホームページを公開していきましょう。

エックスドメインでのFTP利用のまとめ

FTPも利用可能な強力なレンタルサーバーが無料でついているエックスドメイン。

エックスサーバー利用者でなくとも、非常に魅力的なドメイン取得サービスですね。

FTPの概要から解説していきましたが、手順を追って操作すればさほど難しくはありません。

無料レンタルサーバーをしっかりと活用していきたいですね。

-サーバー知識
-, , ,

Copyright© 独自ドメイン完全ガイド.jp , 2019 AllRights Reserved.