独自ドメインの取得方法・おすすめレジストラとレンタルサーバーを解説

独自ドメイン完全ガイド.jp

ドメイン取得サービス比較表と利用前に確認すべき5つのチェックポイント

自分の好きなドメインを取得しよう

ドメインを取得する際に利用するサービスにもいくつかあります。

ドメイン取得サービスを選ぶにあたって、取得費用などの比較表や確認したい項目を解説していきます。

ドメイン取得サービス比較表

取得業者名 .com .net .jp Whois代行 解説
お名前.com 920円 920円 2,840円 無料 詳細
エックスドメイン 1,180円 1,380円 2,820円 無料 詳細
スタードメイン 1,180円 1,380円 2,360円 無料 詳細
ムームードメイン 499円 399円 2,840円 無料 詳細
バリュードメイン 1,280円 1,480円 2,840円 無料 詳細
ゴンベエドメイン 1,382円 1,598円 2,840円 1,000円 詳細
エルドメイン 1,820円 1,820円 3,100円 無料 詳細
名づけてねっと 無料 無料 無料 - 詳細
Doレジ 1,900円 1,900円 4,000円 - 詳細
アルファメール 無料 無料 無料 - 詳細
みんなのドメイン 1,240円 1,240円 7,430円 無料 詳細

※金額は新規取得時の費用。キャンペーンなどにより価格が違うこともあります。また、ドメイン取得サービスによって更新費用が異なる場合もあります。

この一覧表は、当サイトのオススメ順にドメイン取得サービスを並べています。

それぞれの特徴や注意するポイントなどは、詳細ページで解説しています。

検討すべき5つのチェックポイント

ドメイン取得サービスを検討するにあたって、チェックしたい項目は下記の5つです。

  • 取得費用・更新費用
  • 取り扱いドメインの種類
  • 管理画面のわかりやすさ・使いやすさ
  • 取得済みドメインの移管
  • Whois情報公開代行の費用

取得費用・更新費用

利用者として気になるのがやはり費用のこと。

ドメインの費用の項目は大きく4つあります。

  • 取得費用(新規に取得するとき)
  • 更新費用(2年目以降などの更新を行うとき)
  • 移管費用(他社のレジストラから管理を移すとき)
  • Whois情報公開代行費用(業者名義の情報を表示するとき)

よく勘違いとなるのが次のようなケースです。

『独自ドメインを取得したときは安かったが、翌年に更新しようとすると値上がりしていた…』

これは、取得費用と更新費用に差があるときに起こります。

ドメイン取得サービスによっては、新規取得費用は格安設定で、2年目以降の更新費用は他社よりも割高の価格設定となっていることもあります。

また、ドメインの新規登録時にキャンペーンを行っていた場合でも変わってくるでしょう。

取得費用が安くて更新費用がやや高いのはお名前.com」「ムームードメイン

取得費用と更新費用が同じで、最安値水準に設定されているのはエックスドメイン」「スタードメインです。

独自ドメインを長期間に渡って使うと想定した上で、必ず更新費用もあわせて確認しておきましょう。

ドメインの種類

ドメイン取得サービスによって、取得できるドメインの種類が変わってきます。

定番の「.com」「.net」「.jp」などは、全てのドメイン取得サービスで取り扱っていますが、2016年7月に誕生した「.shop」などの新gTLDを取り扱っているドメイン取得サービスは限られています。

ドメインを探す際のオススメの手順は次の流れです。

まずは、新ドメインも含めて500種類以上のドメインを登録可能なお名前.comで登録できるかどうかを確認します。お名前.comにない場合は、海外のドメインも含めて1000種類を登録可能なゴンベエドメインで取得するのがいいでしょう。

管理画面の使い勝手とサポート対応

実際に使ってみないとわからない面もありますが、管理画面のわかりやすさもポイントと言えるでしょう。

特に複数のドメインを取得していく予定の人は、マニュアルページを閲覧し、管理画面の雰囲気を見ておきましょう。ドメインの設定などがわかりにくい管理画面では、操作時にストレスを溜めてしまいます。

また、初めてドメインを取得する人はカスタマーサポートについても確認しておくと良いでしょう。お名前.comはネームサーバー変更などの問い合わせを24時間年中無休で対応してくれますよ。

他社からの移管

ドメイン取得サービスまたはドメインの種類によっては、他社からのドメイン移管を受け付けていないケースもあります。

移管する場合は、必ず事前に確認しましょう。

Whois情報公開代行の無料対応

ドメインを取得すると登録者情報が「Whois情報」として世界中に公開されるようになります。

氏名だけでなく住所・連絡先も含まれる個人情報が公開されることになりますので、個人ユーザーの場合は特に気をつける必要があります。

このWhois情報を業者名義で代行するサービスがありますが、運営元によって無料・有料とに分かれます。

もちろん、無料でのWhois情報公開代行を行ってくれるドメイン取得サービスを選ぶべきでしょう。

決め手となる要素はサービスの信頼性

チェック項目として5つ挙げましたが、選定において何よりも大切なのは『サービスの安定性』だと思います。

企業利用だけでなく、個人利用の場合であっても、独自ドメインは長く使うことになるはずです。そして、だんだんとそのドメインに愛着も湧いてくるでしょう。

そのことを考えると、しっかりとした基盤がある企業のサービスを選ぶべきです。その指標となるのは「上場企業」「ICANN認定レジストラ」です。

お名前.comを運営するのは東証一部上場のGMOインターネット株式会社です。また、GMOインターネットグループの各企業によるムームードメイン」「バリュードメインも信頼性は高いでしょう。

ICANNはドメインの新規導入などを決めている国際的な非営利団体です。このICANN認定レジストラであるスタードメインも安心して利用できると言えるでしょう。

オススメのドメイン登録サービス

お名前.com

ドメイン取るなら「お名前.com」

特に理由がなければ、迷わず選んで間違いのないICANN認定レジストラ。東証一部上場企業が運営しており、信頼のおけるNo.1ドメイン取得サービスです。

運営元 GMOインターネット株式会社
Whois情報公開代行 無料
無料レンタルサーバー なし

ドメイン取得サービスの中でも最安値水準の料金設定です。安心して複数ドメインも登録できます。また、キャンペーン開催の頻度も高く、キャンペーン価格で新規登録できればさらにお得です。

ドメイン .com .net .biz .org .info .jp
取得 920円 920円 1,200円 920円 1,200円 2,840円
更新 1,280円 1,480円 1,480円 1,480円 1,480円 2,840円

エックスドメイン

【エックスドメイン】独自ドメイン×無料レンタルサーバー

人気レンタルサーバー「エックスサーバーと同じ会社が運営していて、エックスサーバーへの設定がスムーズに行なえます。

運営元 エックスサーバー株式会社
Whois情報公開代行 無料
無料レンタルサーバー あり

無料で使用できるレンタルサーバーは3タイプ「HTMLサーバー機能」「PHP・MySQLサーバー機能」「WordPress機能」。HTMLサーバー機能であれば、広告が表示されることなくそのままホームページを公開できます。

ドメイン .com .net .biz .org .info .jp
取得 1,180円 1,380円 1,480円 1,380円 1,480円 2,820円
更新 1,180円 1,380円 1,480円 1,380円 1,480円 2,820円

スタードメイン

【スタードメイン】独自ドメイン取得等が驚きの格安価格!

ICANN認定レジストラであるネットオウル株式会社が運営。管理画面がわかりやすく、またWhois情報公開代行が無料で利用できるため、非常に使い勝手のいいドメイン取得サービスです。

運営元 ネットオウル株式会社
Whois情報公開代行 無料
無料レンタルサーバー あり

新規取得・更新ともに最安値水準です。価格以外でもネットオウルポイントという独自のポイント制度があり、ドメインの年額の20%がポイント還元されます。ネットオウルポイントは、同社運営のレンタルサーバー「スターサーバー」のサーバー初期設定費用や利用料金として使用することができるので、ドメインとサーバーをまとめて契約するのがオススメです。

ドメイン .com .net .biz .org .info .jp
取得 1,180円 1,380円 1,480円 1,380円 1,480円 2,360円
更新 1,180円 1,380円 1,480円 1,380円 1,480円 2,360円

ドメインの必読ノウハウ一覧

ドメイン名の検索 1

間違ったドメイン名を取得しないための考え方の手順

これからインターネット上で新しいサイトやサービスを公開するとなった場合に、ドメイン名は確実に重要となるひとつの要素です。 個人・法人を問わずに、ドメイン名を決める際の失敗しない方法をあらかじめ知ってお ...
翻訳サイトのイメージ画像 2

「日本語ドメイン」は選択できる文字列の幅の広さと集客効果が魅力

Googleでの検索結果例。ローマ字ドメインとともに日本語ドメインのサイトURLも確認できる。 GoogleやYahoo!などで検索すると、検索結果ページで通常のローマ字表記のドメインと並び、日本語ド ...
人の顔を隠す仮面の写真 3

個人情報を非公開にするために「Whois情報公開代行」を忘れずに設定する

独自ドメインと切っても切れない関係といえるのが「Whois情報」です。 Whois情報とは、ドメインの所有者情報のことです。 『自分のオリジナルドメインでブログを持ちたい』と思いドメインを取得すると、 ...

投稿日:2016年11月23日 更新日:

Copyright© 独自ドメイン完全ガイド.jp , 2019 AllRights Reserved.