独自ドメインの取得方法・おすすめレジストラとレンタルサーバーを解説

独自ドメイン完全ガイド.jp

ドメイン知識

お名前.comのWhois情報設定を解説

投稿日:

お名前.comは、登録実績1,400万件を誇る日本最大のレジストラです。

月額900円~の初心者向けレンタルサーバーもあり、初めてのホームページ運営にはお名前.comでのドメイン+サーバーのセット申込みがおすすめです。

今回は、お名前.comでドメインを取得後にWhois情報設定を変更したくなった場合の操作手順を解説します。

Whois情報の変更

お名前.comでは、管理画面となる「ドメインNavi」にて下記の情報を変更することができます。

  • 登録者情報(Registrant)
  • 管理担当者情報(Admin)
  • 経理担当者情報(Billing)
  • 技術担当者情報(Tech)

まずは、ドメイン設定メニューから「ドメインWhois情報変更」へと移動しましょう。

お名前.comのドメイン設定メニューの「ドメインWhois情報変更」

変更をしたいドメインにチェックを入れて、各項目を変更していく流れとなります。

お名前.comの「ドメインWhois情報変更」

登録者名義の変更

ドメイン登録者の氏名・メールアドレスを変更する際は、手続きが少し煩雑です。

お名前.comの「登録者名義変更」ボタン

登録者名義の変更では、新旧の登録者のメールアドレスへ、承認依頼メールが送られます。

承認依頼メール内にある「承認手続き用URL」にアクセスし、双方の本人確認が完了した後に登録者名義変更の完了となります。

その他の担当者情報の変更

「管理担当者」「経理担当者」「技術担当者」の情報は、各チェックボックスにチェックを入れて、情報を変更すれば登録が完了します。

お名前.comから登録変更完了メールが送られてくるので、あわせて確認しておきましょう。

Whois情報公開代行の設定

お名前.comのドメイン設定メニューの「Whois情報公開代行」

Whois情報公開代行の設定は、ドメイン設定メニューの「Whois情報公開代行」へと移動して行うことができます。

お名前.comの「Whois情報公開代行設定」

変更したいドメインにチェックを入れて、支払い方法を選び手続きします。

ここで支払い方法を選択していることからわかるように、お名前.comでは「Whois情報公開代行」は有料です。ドメインひとつにつき、年間980円かかります。

しかし、新たにドメインを登録する際に同時に申し込むことで、Whois情報公開代行の費用が年間0円の無料となります。

お名前.comのWhois情報公開代行の設定は随時変更可能ですが、運用ポリシーは下記が好ましいといえます。

  1. Whois情報公開代行を利用するドメインは登録時に必ず申し込む
  2. Whois情報公開代行の設定は極力変更しない

Whois情報公開代行について柔軟に運用したい場合は、完全に無料のムームードメインエックスドメインがおすすめです。

-ドメイン知識
-,

Copyright© 独自ドメイン完全ガイド.jp , 2019 AllRights Reserved.