独自ドメインの取得方法・おすすめレジストラとレンタルサーバーを解説

独自ドメイン完全ガイド.jp

ドメイン知識

エックスドメインのWHOIS登録情報設定を解説

投稿日:

エックスドメインエックスサーバーでのドメイン設定を行いやすいドメイン取得サービスです。

無料でWHOIS代理公開情報を設定できるので、プライバシーをむやみに晒したくない個人の人に非常におすすめできます。

もちろん、法人としてドメインを登録する際にも、新規取得価格と更新価格が変わらない点などから、エックスドメインの利用はメリットがあります。

今回は、WHOIS代理公開情報も含めたエックスドメインのWHOIS登録情報設定を解説していきます。

ドメインの新規取得時に使用するWHOIS登録情報設定

エックスドメインの管理パネルにログインします。

左メニューの「WHOIS登録情報設定」をクリック。

エックスドメインの「管理パネル」

2つの括りでWHOIS登録情報の設定を行えます。

  • 一般ドメイン向けのWHOIS登録情報
  • 汎用JP向けのWHOIS登録情報

「WHOIS登録情報設定」で設定した内容は、ドメインの新規取得時に使用されます。

つまり、すでに取得している既存のドメインには一括で適用はされません。

一般ドメイン向けのWHOIS登録情報

エックスドメインの「WHOIS情報(JP以外の一般ドメイン名)」

「一般ドメイン向け」とは「JP以外のドメイン向け」を指しています。

WHOIS代理公開設定の現在の状況は、上部に表示されています。上の画像では、設定が「有効」であることが確認できますね。

WHOIS代理公開設定を「有効→無効」「無効→有効」に切り替えたい場合は「設定を変更する」ボタンをクリックしましょう。

登録されているWHOIS情報を変更する場合は、下部の「情報を編集する」ボタンをクリックし、編集を行ってください。

汎用JP向けのWHOIS登録情報

エックスドメインの「汎用JP(.JP)向けWHOIS情報」

.jpや都道府県jpなどの汎用JPドメイン向けのWHOIS情報です。

登録内容を変更したい場合は、下部の「情報を編集する」ボタンをクリックして変更を行います。

なお、エックスドメインでは、汎用JPドメインのWHOIS情報を代理公開することはできません。

属性.jpドメインのWHOIS登録情報

属性.jpドメインは、.co.jp(企業)や.ac.jp(学校等)の組織の種別によって分けられたドメインのことです。

属性.jpドメインについては、管理パネル上でWHOIS情報を変更することができません。変更したい場合は、エックスドメインのメールサポートへと問い合わせをしましょう。

取得済みドメインのWHOIS登録情報設定

すでにエックスドメインで登録を行っているドメインについては、個別に設定を行います。

契約ドメイン一覧から対象ドメインの「ドメイン管理」をクリックし、ドメインパネルへと移動します。

エックスドメインの「契約ドメイン一覧」

WHOIS代理公開情報の利用状況が確認できますね。また、変更を行いたい場合は「WHOIS情報の確認・変更」ボタンをクリック。

エックスドメインの「ドメイン設定メニュー」

当該ドメインの現在のWHOIS情報設定が表示されます。

エックスドメインの「ドメインのWHOIS情報」

WHOIS代理公開サービスの「設定/解除」を切り替えたい場合は「WHOIS代理公開サービスを解除する(有効時)」ボタンをクリックします。

また、登録されているWHOIS情報を変更したい場合は「WHOIS情報の変更」ボタンをクリックしましょう。

なお、WHOIS代理公開サービス設定中はWHOIS情報は変更できません。代理公開サービスを解除してから変更を行うようにしましょう。

-ドメイン知識
-,

Copyright© 独自ドメイン完全ガイド.jp , 2019 AllRights Reserved.