独自ドメインの取得方法・おすすめレジストラとレンタルサーバーを解説

独自ドメイン完全ガイド.jp

ドメイン知識

エックスドメインでオースコードを確認する手順

投稿日:

エックスドメインは高速・高機能のレンタルサーバーであるエックスサーバーと相性のいいドメイン取得サービスです。

レンタルサーバーにエックスサーバー以外を使っている人にとっても、2年目の更新費用を抑えられるのでおすすめできます。

ただ、例えばロリポップ!ヘテムルを利用してウェブサイトを運営している人にとっては、ネームサーバーの切り替えのしやすさなどの点で、ムームードメインを選択したほうがいいケースもあります。

今回は、エックスドメインから他社のドメイン取得サービスに移管する際に必要となるオースコードを確認する手順を解説していきます。

オースコードを確認する

オースコードについて、エックスドメインでは「認証鍵」という呼称を用いています。

また、お名前.comなどでは管理画面からオースコードを確認できますが、エックスドメインでは「Registrant Contact(ドメイン登録者連絡先)」宛に送られてくるメールを確認する手順となります。

それでは、オースコードを確認する手順を見ていきましょう。

WHOIS代理公開サービスを無効にする

エックスドメインの管理パネルにログインします。

契約ドメイン一覧から操作対象となるドメインの「ドメイン管理」ボタンをクリックします。

エックスドメインの「ご契約ドメイン一覧」

オースコードの送信は、WHOIS代理公開サービスを利用中は行なえません。

エックスドメインのドメイン管理「認証鍵の送信」ボタンの無効状態

したがって、WHOIS代理公開サービスを有効にしている場合は、まずは無効化しましょう。

ドメイン設定メニューの中から「WHOIS情報の確認・変更」ボタンをクリックします。

エックスドメインの「WHOIS情報の確認・変更」ボタン

下部にある「WHOIS代理公開サービスを解除する」ボタンをクリックします。

エックスドメインのWHOIS情報ページの「WHOIS代理公開サービスを解除する」ボタン

確認画面へと遷移するので、WHOIS代理公開サービスの解除を確定させます。

これで、WHOIS代理公開サービスを解除できました。

『ドメイン登録者情報の変更に関するご案内』というメールが送られてくるので、確認しておきましょう。

エックスドメインから送られてくるメール「ドメイン登録者情報の変更に関するご案内」

オースコードをメールで受け取る

ドメイン設定メニューのトップに戻りましょう。

WHOIS代理公開情報の利用のステータスが「無効」となっていて、「Registrant Contactへの認証鍵の送信(確定)」ボタンも押下できる状態になっていることが確認できますね。

早速、「Registrant Contactへの認証鍵の送信(確定)」ボタンをクリックします。

エックスドメインのドメイン管理「認証鍵の送信」ボタンの有効状態

『【Xdomain】認証鍵(Auth Info)のご案内』という件名のメールで、オースコードが送られていますので確認しましょう。

エックスドメインから送られてくるメール「【Xdomain】認証鍵(Auth Info)のご案内」

エックスドメインにおけるオースコードのまとめ

エックスドメインにおけるオースコードについて大切なのは下記2点です。

  • 管理画面からは直接見れない
  • 「認証鍵」という表記が使用されている

エックスドメインから他社のドメイン管理事業者へ移管する場合は、この「認証鍵」を利用して手続きを進めていきましょう。

-ドメイン知識
-,

Copyright© 独自ドメイン完全ガイド.jp , 2019 AllRights Reserved.